ファーストステート・スチュワート・アジア運用チーム

ファーストステート・スチュワート・アジア運用チームは、ファーストステート・インベストメンツ内で自治権を有する運用チームです。香港、シンガポール及び英国エジンバラに運用拠点を置き、グローバルのお客様向けに、アジア及びアジア・パシフィック株式、エマージング株式、中国株式、インド株式及び日本株式を運用しています。

  • 長期的視点、絶対リターン志向による保守的な運用スタンス
  • 高いクォリティーを有する企業の発掘にフォーカスし、十分に魅力的判断される株価水準で投資
  • 運用チームの安定性、独自のカルチャーと投資哲学

ファーストステート・スチュワート運用チームの特徴

ファーストステート・スチュワート・アジア運用チームの特徴

運用チーム独自のボトムアップ企業調査による、高い確信度に基づく投資判断を行います。長期的に保有するに足る高いクォリティーを有する企業を発掘することを目指します。クォリティーの判断に際しては、誠実でありかつリスクに対する高い感度を有する創業者や経営陣、長期的に継続的で再現性の高い予測可能なリターンを創出することができる圧倒的な事業フランチャイズといった点を重視します。

保守的な投資スタンスを有しており、運用業界で一般的であるリスクの定義(ベンチマーク・インデックスからの乖離)ではなく、受託資産を毀損することをリスクとして定義しています。高いクォリティーを有する企業に投資を行い、それを長期的に保有することこそが、受託資産に対するリスクを抑制することにつながると確信しています。


ファーストステート・スチュワート・アジア運用チームに関する追加情報

運用チーム

責任投資

責任投資

ファーストステートは、責任投資の分野においてトップ・ランナーであること、すなわち、最高水準の専門家としての倫理観に基づいた業務運営を実践し、かつ、スチュワードシップ原則に対するコミットメントを有することこそが、お客様に長期的に優れた運用成果を提供することにつながるものと確信しています。

我々の責任投資に関する取組みは、クォリティー、スチュワードシップ、エンゲージメントから構成される三つの戦略的な考え方に基づいています。この戦略は強固なガバナンスの枠組みによって担保されており、責任投資専門チームが全社横断的にサポートしています。年次責任投資及びスチュワードシップ・レポートの刊行を通じて、お客様に当該分野における進捗状況を報告するとともに、個々の運用チームにおける責任投資に対するアプローチの状況、及び30を超える具体的なケース・スタディーを紹介しています。

2017年責任投資及びスチュワードシップレポート >

Loading Contents