ハイ・イールド債券の投資意義

社債

債券投資においてより高いリターンが期待できる分野

ハイ・イールド債券は、BBB-もしくはBaa3未満の格付けを有する社債であり、主要格付け会社から投資適格ではないと評価される債券です。ハイ・イールド社債は、他の債券と比較して、イールドが高く、デュレーションが短いという特徴があります。相対的に高い「インカム・プレミアム」、及び、金利上昇局面における低い価格感応度は、非投資適格というクレジット・リスクを割り引いて考えた場合でも、ハイ・イールド社債から得られる恩恵に魅力があると考えています。ただし、イールドが相対的に高いということは、ハイ・イールド社債が有するリスクも相対的に高いということは忘れてはいけません。

ハイ・イールド債券に関する詳細 >

投資プロセス

規律と実績に裏付けられた投資プロセス

いかなる市場局面においてもダウンサイトのボラティリティーを抑制し、あらゆる市場サイクルにおいても、優れたリターンの創出を目指す投資スタイルを可能とする投資プロセスであると考えています。厳格な安全マージン基準、及び、推定デフォルト・リスク考慮後のプライシングの二つにフォーカスした、投資プロセスを通じた逆張り戦略を行います。安全マージン基準は、負債及び将来のキャッシュフロー見通しを考慮した、企業の実質的な価値を算出する手法です。

投資における着目点の詳細 >

リスク管理

ボトムアップ調査による、バリュー・スタイルの投資プロセスを通じた、ハイ・イールド債券市場全体に対するデフォルト・リスクの最小化

投資哲学は、ハイ・イールド社債投資は一にも二にもリスク管理に尽きるという考え方に対する強い信念に基づいています。大部分を占めるものはデフォルト・リスクであり、全てのポートフォリオ保有銘柄について、厳格に算定された安全マージン基準を満たす必要があります。また、投資プロセスの中で、デフォルト調整後イールドをポートフォリオ・レベルで最大化することを通じて、妥当な価格とは言えない水準でクレジット・リスクを負うこと回避します。こうしたプロセスを通じて、安全マージン基準を満たす、異なるデフォルト・リスクを有する相対バリュー・クレジットの発掘が可能となります。ファンダメンタル・クレジット分析には、ガバナンス、事業及び業界におけるプラクティス、環境面で偶発的に生じるツケといったESGリスクの捕捉も含まれます。

リスク管理の詳細 >

運用チーム

Matt Philo
Senior Portfolio Manager, Head of High Yield
Matt Philo
Senior Portfolio Manager, Head of High Yield
Michael Elkins
Senior Portfolio Manager
Michael Elkins
Senior Portfolio Manager
Jason Epstein
Senior Portfolio Manager
Jason Epstein
Senior Portfolio Manager
Linda Grillo
Head High Yield Trader
Linda Grillo
Head High Yield Trader

責任投資

責任投資

いかなる市場局面においてもダウンサイトのボラティリティーを抑制し、あらゆる市場サイクルにおいても、優れたリターンの創出を目指す投資スタイルを可能とする投資プロセスであると考えています。厳格な安全マージン基準、及び、推定デフォルト・リスク考慮後のプライシングの二つにフォーカスした、投資プロセスを通じた逆張り戦略を行います。安全マージン基準は、負債及び将来のキャッシュフロー見通しを考慮した、企業の実質的な価値を算出する手法です。

詳しく見る >

Loading Contents